僧侶としての歩み

 

辻生 和則 (つじしょう わそく) 俗名 (かずのり)

 

1978年 大分県 寺院の4男として生を受ける。

 幼少期に得道を受け、佛道に入る。


古来宗派 四つの本山にて修行。


古来宗派 三ヶ寺の古刹寺院にて修養。


現在、単立諸宗派の小さな布教所

神佛生山 天翔院 地蔵尊 弥勒寺の住職として

人々の心の救済や古来宗派の法務に従事する傍ら

6児の父親として仕事に子育てに家事に力を尽くす。